水と今

かくして君は待つ、ある人が現れるのを。君の命をとめどなく膨らませにやって来るのを。(リルケ)

『美女と野獣』を観た

f:id:lovemoon:20170424173725j:plain

当方、実写版ディズニー作品を映画館で観るのは初めてかもしれない。(DVDでは何本か観ているけれど。)

何故にこの映画をよりによって封切り当日に観ることになったか。言ってみれば「たまたま縁」。エマ・ワトソンが好きで好きでたまらないとか、イケメン野獣が『ダウントン・アビー』のマシューさん役だからだとか、かねてより原作のファンであった、とかとか……そういった、もっともらしい動機からではありません。

思えばこの『美女と野獣』。数年前、フランス製作で映画化された実写版もDVDで鑑賞しているのだった。今にして思えば、これもどうして観たのかわからない。全体的な記憶もかなり朧げだ。主演がレア・セデゥ(美女。『アデル・ブルーは熱い色』の彼女はじつに魅力的だった)とヴァンサン・カッセル(野獣。この俳優は大の苦手だったが、先日観賞したグザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』の長男役で胸を打つ名演ぶりを見せてくれた)だったことはよく憶えているのだが。

さて、今作の観賞中、先行作である上記仏版の記憶がところどころ蘇り、頭をよぎるのは抑えられなかった。それは大雑把に言うなら「仏的寓話センスと米的寓話センスの間に横たわる深く長き河」の存在を意識しながら観ていたということに他ならない。

といっても、仏版の色調や衣装(意匠)をディズニーのそれと比べて比較検証していたわけではない。そんなことはできない。そのあたりは詳しい方々がつぶさに比較し、批評してくれることだろう。問題は、この『美女と野獣』が「仏国の片田舎で起こった物語」という伝承的設定というか、物語におけるまったき「事実」である。この観点から言えば、「らしさ」は圧倒的に仏版に軍配が上がるだろう。

前述した通り、僕は仏版を自室でDVDと液晶モニタで観賞している。今作(ディズニー版)の環境とは比較にもならない。それでも仏版の、画面全体から自然に滲み出るような妖しげなリアリティと比べて、ディズニー製作のこちらはどれほど多額の製作費を投じられていたとしても(相当に投じられているはずだ)、ある種の「書き割り」感が否めなかったように感じた。

今作に対して文句を述べたいわけでは全くない、まったく。ただ、このディズニー版『美女と野獣』は私にとって、あまりに保守的な「ディズニー」感が強すぎた。無論、「ディズニー製作」だから仕方ないだろう。オリジナルに忠実な、素晴らしい出来栄えじゃないか、と言われてしまえばぐうの音も出ないが、ディズニー製作でも『魔法にかけられて』のような良い意味での怪作もあったからな。一昨年公開した『シンデレラ』もディズニーらしからぬ異色作らしいし(要確認)。

主演は比類なきエマ・ワトソン。何を演じていても本人の生真面目な「業」のようなものがスクリーンからも否応なしに滲み出してしまう、という意味において、かねてより魅力的な女性と思っているし、比類なきハリーポッターシリーズにおいてのハーマイオニー役は彼女しかありえないことは衆目の一致するところだろうが、今作の主役・ベルにはあまりそぐわなかったように思う。彼女の良い意味での「閉じた印象」があまり映画にフィットしていなかった。あくまで個人的印象ですが。 歌声はとても良かった。

とにかく文句をつける類いの映画でない、まったく。どころか、このディズニー的な、古風でシュールな世界を楽しんだ方は多いだろう。ディズニーファンで、エマ・ワトソン・ファンで、『美女と野獣』に興味がある(元々好きなら)方にとっては、史上最強の『美女と野獣』になるかもしれない。

エンドロールには(当然ながら)現代版「Beauty and The Beast」が流れ出す。やがて満席の館内のどこからか、若い女性たちのすすり泣きが聴こえてくる。前の席の若い女性は彼氏の肩に頭をもたせかけている。彼氏はそっと腕を彼女の肩に伸ばす。最後まで待てない子供たちがスクリーンの前を足早に横切っていく。50年前、あるいはもっと前から、いつだって見られてきた、ディズニー映画上映後の正しい風景。それは東京都・立川市のシネコンでも例外ではなかった。