読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水と今

かくして君は待つ、ある人が現れるのを。君の命をとめどなく膨らませにやって来るのを。(リルケ)

押し入れ部屋から〜From my closet to you〜(5)

f:id:lovemoon:20160910230255j:plain

こんばんわ。

私は只今、名曲喫茶仕事から帰宅し、押し入れの中にback to mineしました。

ppppppp……。

うむ、今日はいささか疲れているし、いささか酔っているし、いささか憂鬱な気分だ。それは認めなきゃならない。疲れて、酔って、認めて、果たして何か記せるものだろうか……無理ぽい。

 

でも、いつだって世界は今、この瞬間に終わるかもしれないのだから、いつだって悔いのないよう何かしら記しておきたいと常日頃思ふ。でも、適当でいーかげんで呆れられるようなことばかり記して、笑われ、それで一切合切全てが終わってしまうっていうのもなかなかどうして、わるくないかも知れぬ。少なくとも、私らしいような気ぃする。笑って終わることができれば、どんな終わり方でもそんなにわるくはない。そうじゃないですか?

でも、「終わる」って何じゃい? と常人らしく考えてしまう。いったい、何が終わったら、終わったことになるのだろうか。

いったい、「終わる」とは、言葉に過ぎないのではなかろうか。

真の事態は、誰も、何も始めちゃいないし、何かを終わらせることなど決してないのではなかろうか。終わりはけっしてない。訪れることはいつまでもない。あるのは、今、「何かしら」「誰かしら」「恋かしら」が在るばかり。何かしらはsomething。誰かしらはWho is it。恋かしらはIs this love? 主体は、とりあえず、この私。その私。あの私。そうでなくても、そういうことにしておきましょう。みんながみんな私(Everybody is I)であろう。そうにちがいない。

なんだかんだ、そんなような気ぃしてきた。「続いていく」なんてのも、人たる私の概念に過ぎないのではなかろうか? だけれど、そんな風に実感することが、すっごく幼稚で陳腐で子供じみている……そんな風に感じてしまうと、何も言えなくなってしまう。

 

だから、Just do it!今日、あの人の着ていたTシャツに鮮やかな文字で記されていたように、ただ、行為していれば良き哉。何を? 一番やりたいことをおやんなさい。それが一番、君の魂に艶と光をもたらしてくれるのだから。

そうだ、そうすることにしよう。だって、遅かれ早かれいつかは死ぬのだから。やりたいこと、心からしたいこと、魂が渇望することをしなきゃ、せっかく貰った命なんだもの、貴重品だ、勿体ないたらありゃしない。それで今、私が心からしたいことはもう1杯きこしめしてベッドに倒れこむこと。明日を渇望しながら眠ること。それに間違いはありゃしない……おやすみなさい。