読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水と今

かくして君は待つ、ある人が現れるのを。君の命をとめどなく膨らませにやって来るのを。(リルケ)

起き抜けのビールとシューベルトとスヌーピー

おはよう。

今日は朝7時からビールの栓を開け、シューベルトを聴きながらこれを記しています。ちなみに僕は自他ともに認める酒好きですが、日が出ているうちから酒を呑むことは年に数回、まして朝から呑み出すことはほとんどありません。つまり、今日は相当に珍しい朝ということです。さらに言えば、昨日は何やかやで3時間しか眠っておりません。だのに、今日は朝の6時半に目が覚めてしまった。

「……ったく、まだ3時間しか経ってねえじゃねえか……」などと首を振りながら呟き、もっかい目を閉じ、いぶかしげな羊さんとしかめつらしい牛さんがメェだのモォだの呟きながらチェスをさしている場面を想像してみたものの、もはやどうにも眠れず、台所で湯を沸かし、濃い紅茶を飲んでみても余計目が冴えてしまい(当たり前か)、こうして床の上でビール(昨日コンビニで買ったプレミアムモルツ小瓶)を飲みながら、アンドレアス・シュタイアー氏の奏でるシューベルト「ピアノソナタ第20番 イ長調D.952」を流しています。シューベルトのピアノソナタは僕にとって、そう簡単に流せる楽曲ではないのだが。 

シューベルト:ピアノ・ソナタ第16番、後期ピアノ・ソナタ集

シューベルト:ピアノ・ソナタ第16番、後期ピアノ・ソナタ集

  • アーティスト: シュタイアー(アンドレアス),シューベルト
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/03/11
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

今日は……いったい、さっきから、今日は今日は、っていったい、今日はどんだけ特別な日なんかい。

2月4日の木曜日の朝。この1コの世界における全ての1日はファッキン・スペシャル・デイとも言えるし、2016年という新年における、1/365日という、オーディナリーでデイリーな1日とも言えよう。そこんとこは、人それぞれに捉え方感じ方在り方異なることでしょう。

具体的に言えば、今(7:50)、まさにこの世におぎゃあと生まれ出た方もいるでしょうし、今(7:50)、死の床に着いている方もいるでしょうし、婚姻を決意した方もいるでしょうし(7:51)、離婚届けを傍らに仮眠を取っている方もいるでしょうし、橋の上から早朝の朝もやにけぶった街並みを見下ろしている若い恋人もいるでしょうし(7:52)、誰もいないオフィスで先方にメールをしたためている野心的な会社員もいるでしょうし(7:52)、富士そばで「コロッケそば」にわかめトッピングを注文し、今、まさに割り箸を割ったばかりのしかめつらしい中年男性もいるでしょうし(7:53)、早朝からホッピーをきこしめしながらカウンターで文庫本を読むともなく読んでいるフリーターさんもいらっしゃることでしょうし(7:53)、車の中で信号待ちにカロリーメイト(フルーツ味)をかじっている方もいるでしょうし(7:54)……

只今、このようにありふれた想像を働かせたのは全て吾国におけるいち場面ですが、海を跨いでしまえば、もう私の想像が及ぶ範囲ではとてもカバーしきれないような、それはもう様々なる地上的存在がおられます。宇宙まで行ったら、尚更でしょう。そんな存在についてとっくりと考えていたら、ようやく眠たくなってきました。

ここで敬愛するビーグル犬、スヌーピー氏から一言。

f:id:lovemoon:20160204200218p:plain

「考えられないことについて考えられるかい?」by スヌーピー

じつに含蓄のあるお言葉であります。

 

そういえば、今日はやらなければいけないことばかりがたっぷり山積してるんだった。早朝からビール飲んでシューベルト聴いてる場合じゃ全然なかったよ! どうかこれを読んでくださっている有り難い方に心やすく、充実した、過不足のない木曜日を訪れますよう。