読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水と今

かくして君は待つ、ある人が現れるのを。君の命をとめどなく膨らませにやって来るのを。(リルケ)

風邪と花粉症のマッシヴ・アタック(つらかった)

f:id:lovemoon:20151110012935j:plain

こんにちは。お元気ですか?

私はあまり元気ではありませんでした。この2日間、風邪と秋の花粉症が合体したリンパ炎症的症状に襲われておりまして、けっこう、いや、正直に言うと、とっても辛かったのです(そんなの知ったことか、とは君まで言うな)。

とくに昨日(日曜)、名曲喫茶に従事中、

「あ〃、この3年間、店に居てこれほど辛かったことはそうそうなかったな……」

そんな風な、しんみり感慨を伴う艱難辛苦でありました。名曲喫茶なのに、店主のくしゃみと咳が止まらないのというのは、どうにもやるせなく、いかんともしがたい、筆舌に尽くし難いものがあります。熱もどこまでも上昇していくし、視界はぐらんぐらんするし、レコードを引っ繰り返すこともままなりませんでした(手が震えてうまく針を落とせないのです)。そして、そんな受難の日に限って、開店直後からお客様が次々にいらしてくださった。ありがたいことですが、心はアドルフ・ブッシュ奏でるショスターコヴィチ的ヴァイオリン・ソナタをかき鳴らしていたように思います。

それで昨日まではこのブログを更新するどころではなかったのですが、ようやく今(午前1時)、ほんの少しだけ心と身体の安寧を取り戻しつつあるので、今日はただただ不調を訴えるばかりの500文字をもっておやすみなさい。