読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水と今

かくして君は待つ、ある人が現れるのを。君の命をとめどなく膨らませにやって来るのを。(リルケ)

(気分的に)数日、休んでおります。

先日、駅ナカ本屋(ブックストア、というほうが相応しい雰囲気)でなんとなしに購入した文庫本。メキシコを舞台にしたラテンアメリカ文学古典なのですが、じつに興味深い物語に打ち震えている。これを読み終えたら(もうすぐ読み終えます)、ガルシア・マルケスの『100年の孤独』に着手しつつ、このブログも再び、訥々と続く予定ですので、ご心配ならさず。(されてませんよ、ね?)

ペドロ・パラモ (岩波文庫)

ペドロ・パラモ (岩波文庫)